投稿日:

海外での利用について

海外でのキャッシング海外にいながらインターネットを通して日本の消費者金融からキャッシングを行う場合、お金の受け取りはほぼ100%ATMを利用して行われます。
しかし海外のATMで引き出すお金はその国の通貨となります。
海外の通貨と日本円の価値の変動は非常に激しく、安定していません。
また金融機関を通して自分の口座に入っている日本円を海外の通貨に両替する場合、金融機関が世界の為替レートを元にレートを決定します。
また手数料なども引かれるために、かなり損をすることがあります。

しかしこの点でキャッシングは異なります。多くの場合、消費者金融が決定するレートは世界の為替レートと非常に近く、極端に低く設定されることはありません。また上限が設けられているものの、一度のキャッシングにつきいくらといった形で手数料が決められているために、この点でもお得です。

そのためレートのよい両替屋としてキャッシングを利用する人が増えています。海外在住時にその国の通貨が必要となり、効率よく両替するために日本の消費者金融でキャッシングを行い、海外のATMでお金を受け取ります。その後すぐに自分の日本の口座からキャッシングしたお金を消費者金融にトランスファーして返済してしまえば、利息無しでキャッシングを行うことができるのです。


投稿日:

国内で利用する

キャッシュカード消費者金融からキャッシングをするときには総量規制が適用されます。
そのため多くの人は高額なお金を消費者金融から借りることはできません。
それとは対照的に、小額のお金をキャッシングする人が増えています。
買い物をしているときにほしいものが見つかり、ぜひ購入したいと思ったものの財布には十分なお金がないという状況に直面したことがあるかもしれません。
このようなときにスマートフォンなどを用いてその場で申し込みを行い、最寄のATMでキャッシングしたお金を引き出すことができます。

たいていの消費者金融はキャッシングの最低借入額を1万円から3万円と非常に低く設定しています。そのため買い物をしているときにお金が足りないなどの状況に直面した人が、気軽にキャッシングを行えるのです。国内ではこのような定額のキャッシングが増えています。

また先にも考えたように、利率は返済日数に掛け算されて算出されます。そのため買い物が終わって自宅に帰り、すぐにキャッシングしたお金を返済してしまえば返済日数はゼロとなり、利息を支払わずに済むのです。このような場合はATMの使用料を支払うことになるために多少の出費はあるものの、非常にお得な方法です。


投稿日:

国内外のキャッシング

キャッシングとは消費者金融からお金を借りることです。インターネットの普及に伴い、最近では申し込みや審査をパソコンやスマートフォンなどで行うことができるために、非常に便利です。またお金の受け渡しは最寄のATMでも可能であるために、消費者金融に赴くことなくお金を借りることができます。この流れは海外にいる場合も同様です。キャッシングの審査をインターネットを使用して行い、ATMでお金を引き出せば外国にいながら日本の消費者金融からのキャッシング可能となるのです。

しかし思いに留めておかなければならない点がいくつかあります。まず総量規制という決まりについて理解しておく必要があります。総量規制とは消費者金融からキャッシングを行う場合、最大借入額は借り手の年収の3分の1とするというものです。つまり年収が高い人は自分の満足のいく額のお金をキャッシングできるかもしれませんが、年収が低い人は自分が希望する額を借りることができないことがあります。

財布から取りだした小銭また支払うことになる利息についても考慮する必要があります。
一般的にキャッシングの利息は銀行のカードローンに比べると高めに設定されています。
また利率は返済期間の日数に掛け算される形となりますので、全額返済が遅くなればなるほど多くの利息を支払わなければなりません。
そのためキャッシングを行う前に、返済計画をきちんと立てることは非常に重要です。しかしキャッシングを上手に利用することで利息を少なくすることができます。その点について見てみることにしましょう。